高級感と特別感 – 高級スイーツと特別なスイーツ

チョコレート

「高級スイーツ」というと、なにが思い浮かびますか?世界的なチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」で提供されるような、ハイブランドのチョコレートたちはまるで宝石のような高級感あふれるスイーツです。また、北海道は小樽の有名なポプラファームで話題を集める、高級メロンを半分に切った上に濃厚なソフトクリームをのせた「サンタのひげ」も相応のお値段ですし、渋いところでは丹波栗を使った栗鹿の子、高級葛の代名詞である奈良県の「吉野葛」も挙げられるかもしれません。これらのスイーツは、どれも高級感が味わえるのに加え、「限られた時期しか食べられない」「限られた場所でしか食べられない」という特別感が、その価値をより高めていると言えるでしょう。

特別感というと、今流行りのスイーツ専門店もそれにあたるのではないでしょうか。大ブームのパンケーキ専門店などは、ここ数年でずいぶんと増えましたが、「この専門店のこのメニューがおいしい!」とSNSなどでは度々話題になり、その度に特別な一品を味わおうと多くの人が店に押し寄せます。パンケーキそのものがおいしいというのはもちろん、「家では真似できないから、珍しい素材を使っているから」という意見も根強いでしょう。今人気を集めるスイーツの特徴は、特別感だけでなく、高級感も必要不可欠です。「ここでしか食べられない」という限定スイーツは全国各地に多々存在しますが、そこに高級感・特別感が加わると、さらに価値があがり、人々の憧れと食欲を刺激するのです。

近年、フルーツの消費量が減少傾向にありますが、今時は高級品も珍しいフルーツも、ほとんどはネットの通信販売で簡単に注文できます。しかし、その価格は決して安いものではありませんし、珍しいフルーツの扱いがわからなくて手を出せないという人も少なくないものです。ですが、スイーツ専門店で提供されているメニュー程度であれば簡単に手が届くでしょう。

単純に「特別だから」という理由ではなく、思い出を作りたい、大好きなスイーツを食べたいと専門店に通っている人も少なくないものです。特に高級感にばかりこだわらず、良い原材料を使っているかどうかがポイントだというスイーツマニアもいるでしょう。どちらも、スイーツを愛する理由として立派に成立します。値段や珍しさも人の興味を惹きつけるポイントですが、本当に重要なのはスイーツをいかにおいしく食べられるかという点です。それを忘れてただ物珍しさだけに飛びついていては、本当においしいものを忘れてしまうかもしれませんよ。